会 社 名 鍋島物産 株式会社

本店所在地 北九州市門司区港町2番23号
代 表 者 代表取締役  鍋島 正興
肥料工場 鍋島物産(株) 製肥工場
北九州市門司区浜町6番19号

鍋島物産(株) 九州工場
北九州市若松区響町 1丁目
12番地3号
電話番号 093(321)1261(代)
FAX番号 093(321)4370
米穀/E-mail beikokubu@nabeshima-group.co.jp
肥料/E-mail aguri@nabeshima-group.co.jp
設  立 昭和23年2月(創業明治28年10月)
資 本 金 1,000万円
売 上 高 14億円 (3ヶ年平均)
従業員数 11名
   
取引金融機関
・大分銀行 門司駅前支店 ・みずほ銀行 北九州支店 ・福岡銀行 門司支店
・北九州銀行 門司支店 ・西日本シティ銀行 門司支店
主要営業品目 ・米穀卸売販売業
・配合肥料の製造及び化学肥料、有機質肥料の卸売業 ・不動産中層住宅の賃貸業
所属団体 ・全国米穀販売事業協同組合(全米販) ・日本コメ市場(株) ・全国複合肥料工業会
・全国肥料商連合会 ・(社)米穀安定供給確保支援機構(米穀機構) ・福岡県農業生産資材協会
・福岡肥料品質保全協議会 ・門司法人会 ・北九州商工会議所
ページのトップへ ▲
明治28年10月 門司市港町に於いて、鍋島商店代表者鍋島六蔵経営の下 米、雑穀、肥料の製造販売、朝鮮満州の豆、大豆粕、欧米の化学肥料の輸出入を開業する。
昭和16年12月 第二次大戦に依り、取扱製品の総てが、統制品となる。
昭和20年 6月 門司港地区の大空襲に依り本店、倉庫、肥料工場の全てが戦災を蒙る。直ちに代表者宅に仮事務所を開設。
昭和21年10月 本社を門司市仲町3丁目に移転し、代表者を鍋島良太郎に変更。
昭和23年 2月 資本金198千円で鍋島物産 株式会社を設立し、戦前からの商品、米、雑穀、肥料等の 取り扱いを行う。
昭和24年 8月 604千円増資し、資本金802千円とする。        
昭和27年 6月 198千円増資し、資本金百万円とする。
昭和36年 6月 事務所を門司区港町3番27号へ移転する。
平成 2年 7月 鍋島良太郎死去につき、代表者鍋島正興に変更する。
平成 6年 6月 9百万円増資し、資本金を1千万円とする。
平成15年10月 事務所を門司区港町2番23号へ移転する。
 
ページのトップへ ▲