会 社 名 株式会社鍋島商店

本  店 北九州市門司区港町2番23号
電話番号 093(321)1431(代)
FAX番号 093(321)1438
E-mail
福岡支店 福岡市中央区清川3丁目12号1-1
電話番号 092(522)7881(代)
FAX番号 092(522)3815
E-mail
大分営業所 大分市向原東2丁目1番23号
電話番号 097(558)4435
FAX番号 097(558)4483
E-mail
設  立 昭和9年10月(創業明治28年10月)
代 表 者 代表取締役  鍋島 正興
資 本 金 2,000万円
売 上 高 3,000M¥ (3ヶ年平均)
従業員数 35名
取引金融機関
・大分銀行 門司駅前支店 ・みずほ銀行 北九州支店 ・福岡銀行 門司支店
・北九州銀行 門司支店 ・西日本シティ銀行  門司支店  
事業内容 一般産業向省力化用電気機械・ビル設備用機器・空調設備機器・環境改善用機器・情報システム機器・及び電設資材機器の販売・据付工事を行う。
建設業許可
・福岡県知事 (特-25) 第92139号 ・福岡県知事 (般-25) 第92139号
建設業種類 ・電気工事業 ・機械器具設置業 ・管工事業 ・水道施設工事業 ・熱絶縁工事業 ・電気通信工事業
所属団体 ・北九州電設資材卸業協同組合 ・福岡県冷凍空調工業会
・北九州商工会議所 ・門司法人会
社員資格
・1級電気工事施工管理技士 ・2級電気工事施工管理技士 ・第1種電気工事士
・第2種電気工事士 ・第2種電気主任技術者 ・特殊電気工事士
・管理技術者電気通信   ・1級管工事施工管理技士   ・2級管工事施工管理技士
・給水工事主任技術者   ・冷媒回収技術者   ・第3種冷凍機械責任者
・高圧ガス販売責任者   ・ガス消費機器設置工事監督者   ・1級土木施工管理技士
・2級建築業経理事務士        
ページのトップへ ▲
明治28年10月 門司市港町に於いて、鍋島商店代表者鍋島六蔵経営の下米・雑穀・肥料の製造販売、朝鮮満州の豆・大豆粕・欧米の化学肥料の輸出入を、開業。
昭和 9年10月 合資会社鍋島商店に改組する。(資本金50万円)
昭和16年12月 第二次世界大戦に依り、取扱製品の総てが統制品になる。
昭和17年 4月 (株)日立製作所の九州地区の管球の特約店となり電気器具の取扱を始める。
昭和20年 7月 門司港地区の大空襲に依り本店・倉庫並に肥料工場の設備が全て戦災を蒙る。直ちに、代表者宅に仮事務所を開設。
昭和21年 4月 (株)日立製作所の特約店の再編成に依り全製品の取扱特約店に昇格する。
昭和21年10月 本社を門司市仲町3丁目に移転し、代表者を鍋島良太郎に変更。
昭和23年 3月 鍋島物産(門司市仲町3丁目)に設立、戦前からの商品・米・肥料・雑穀等の取扱を行なう。
昭和23年10月 門司市栄町4丁目に店舗を新築移転し、日立製品を主とする電気機械類の卸販売及びプラント設備の据付工事を行いながら業績を挙げ今日に至る。
昭和24年 1月 資本金50万増資し100万となる。
昭和35年 7月 資本金400万増資し500万となる。
昭和37年 5月 本社を北九州市門司区本町6-2 大分銀行門司支店2階に移転。
昭和39年 8月 大分営業所を開設。
昭和40年 5月 (株)日立製作所九州営業所の要請に依り九州営業所内に福岡営業所を開設。
昭和45年12月 福岡営業所を近代ビル3階に移転。
昭和49年12月 資本金500万増資し1000万となる。
昭和50年 3月 福岡営業所をリバーキャッスルビル2階に移転。
平成 2年 7月 代表者鍋島良太郎の逝去に依り鍋島正興が代表社員に就任
平成 6年 4月 福岡営業所を福岡支店に昇格。
平成 9年 5月 本社を北九州市門司区港町2-23に移転。
平成10年10月 株式会社鍋島商店に改組(資本金2000万円)にする。
 
ページのトップへ ▲